資金を準備してから株式投資を始めよう

株式投資を始めるとき、どの程度の資金を用意すればいいでしょうか。新聞などには株価が掲載されているページがあります。株価を眺めてみると、100円程度の株から、1000円程度の株、中には4000円程度の値をつけている株があります。そのため、100円から4000円程度あれば株式投資を始められると思うかもしれません。しかし株は、基本的に100株単位、1000株単位で売られています。そのため、100円の株でも1000株単位で売られている場合は、100×1000で、10万円ないと買えないことになります。1000円の株が100株単位で売られている場合も、10万円必要になります。ミニ株など、低予算でも購入できる方法はないことはないですが、一般的な株売買をする時は、10万円から20万円程度の資金が必要になります。資金をあまり用意せずに、株式投資を始めた場合、困ったことが起こります。自分が興味がある株で、「この株は絶対に上がる」と思える株があったとします。その銘柄の株価が1500円で、100株単位で売られている場合、15万円のしきんがひつようになります。しかし資金が10万円だった場合は、その銘柄を購入することができません。仕方なく、10万円以内で購入できる銘柄の中から、妥協して選び、株を購入することになるかもしれません。結果的に10万円以内で購入した株が値を上げればいいですが、下がるかもしれません。その一方で、購入したかった15万円の銘柄が、どんどん値を上げていくかもしれません。このような状況になったら、株式投資が嫌いになってしまうかもしれません。また10万円の資金では、15万円の本当に欲しい株が買えないため、15万円の株が値下がりするのを待とうと思うかもしれません。しかし、15万円の株は、当初の予想通り、どんどん値を上げて、20万円になってしまうかもしれません。その間、指をくわえて見ているしかないのは、かなり辛いのではないでしょうか。「絶対に欲しい」と思うような銘柄は、都合よく、自分の資金まで値を下げることはなく、どんどん株価が上昇してしまう可能性が高いです。またもし自分の資金で買える金額まで株価が落ちた場合は、仮に購入したとしても、その後も値を下げる可能性があります。経営状態などに何かしら問題があって、値を下げたのだと考えられるためです。このような残念な事態に陥らないように、事前に十分な資金を用意しておくことをおすすめします。予算を気にせず、本当に今後上昇が期待できる銘柄を購入するようにしましょう。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です