ゲームせどりで稼げる商品とは

ゲームせどりで稼げる商品には、以下のような特徴があります。

一つ目は、「有名企業や有名ブランドの製品である」。
ゲームせどりをする際に知っておいてほしいのが、有名企業および有名ブランドです。
定番の中の定番では、ソニーの「プレイステーション4」、任天堂の「Wii」「3DS」「ゲームキューブ」などです。
とりあえず、ソニーと任天堂は確実に押さえておくべきです。

二つ目は、「廃盤商品である」。
廃盤商品とは、生産が終了した商品のことですが、こういった物はニーズが高めです。
リサイクルショップでは、かなり古い機種は安く売られていることがよくあります。
時折、限定版などが売られていることがあり、Amazonでプレミアを付けて売ることができます。

三つ目は、「Amazonランキングで上位に位置している」。
基本的に、Amazonランキングが高いということは売れやすいということを意味します。
仕入れミスなどがなければ、面白いように売れていきます。
1万位以内であれば、まず売れ残ることはないと考えてよいでしょう。

四つ目は、「過去の名作である」。
誰もが知っているような過去の名作と言われるゲームは、発売からどれだけ年月が経っていても、人気がなかなか衰えません。
「子供の時にプレイしたことがあるので、もう一度やってみたい」「最新作はプレイしたので、あえて昔の物をやってみたい」などというニーズがあるのです。

では、具体的に稼げるゲームについて見ていきましょう。

一つ目は、「ゲームボーイミクロ (ファミコンバージョン)」。
これは、ゲームボーイミクロのファミコンカラーバージョンで、上述した廃盤商品です。
限定カラーのため、現在でも高いニーズがあります。
ヤフオクでは、新品が2万円ほどでちょくちょく出品されています。

二つ目は、「Wii本体(シロ)」。
これも、廃盤商品です。
新型のWii uが発売されていますが、その人気は衰えていません。
ヤフオクやリサイクルショップなどでも、たまに新品が売られていることがあるので、こまめにチェックしたほうがよいでしょう。

三つ目は、「プレイステーション2」。
プレイステーション2には、「薄型」とそうではない型の2種類があるのですが、いずれも人気があります。
「プレイステーション2はもう使わない」という理由で売りに出す人が多く、ハードオフやリサイクルショップなどを見ると、コントローラーやケーブル類をセットにして2,500円ほどで売られていたりします。